« ゆかた茶会報告と、お菓子暦♪ | トップページ | 結帛紗花月(更好棚) »

夏の思い出♪お茶会第二弾

お茶会第二段に参加しました。

いったん涼しくなったのに、またまた猛暑が復活。
昨年のお茶会よりも暑い日のように感じます。

お席は広間と小間の2席。M先生は小間のお席。
最初はそちらに入らせていただきました。
では、(写真は難しいので、いつも通りメモにて)

【小間席】
お軸:大きく○が書かれて、左側に漢詩の歌がありました。
   覚えたはずが...ごめんなさい
茶碗:萩焼(?板倉新兵衛作?) おおぶり濃い目色
    清水焼(手塚玉堂)  全体に粉を振ったような金色で
      茶溜まりだけほんのり薄青い白の菊花模様...
    京焼き/粟田焼き? 秋草絵。細めの線で秋草が描かれている。
      優しい景色の茶碗。
水指:?
風炉... 小ぶりの筒釜がステキでした。灰は遠山だったそうな...
   (先生、ご指摘ありがとうございました)
   今日は2席ともとても美しいお炭の景色...
花器:時代籠(?) 蓋付きの瓶のような形の籠でした
   お花は「南蛮キセル」、花みょうが
茶杓:(銘)夜長
お菓子:玉兎(若柳さん)
Img_2715
香合:なす
 風炉のときは焼き物ではないらしいので、塗り物?
 艶が本物のなすのよう♪
【広間】裏千家の先生のお席でした。
円融台(えんゆうだい)地板がないが、冬には取り付けられる
 向うと勝手付に籐を張った腰板が付き、勝手付の腰板には
 円窓が繰り抜いてある大棚です。
結界にすす竹の太いのが使われていました。
 
風炉の灰は二文字。写真がなくてすみません。。。
この会場はお炭が使えるので、この日は小間、広間とも美しい灰の景色でした。
大棗/夕顔 おおぶりの平棗。漆黒に金蒔絵で一面に
    夕顔の絵がかかれていました。
替茶器:染付けの丸い茶器。象牙の蓋のしっとりした一品。
茶杓/松風
花:八重槿(やえむくげ)、野牡丹(紫紺野牡丹(しこんのぼたん))、萩、がまの穂、吾亦紅、みずひき、花みょうが ⇒ 野牡丹の紫があざやかでした!
夕顔(源氏物語)をテーマにされたようで、立派な香炉が飾ってありました。
茶碗:
...すみません、メモを取らないとだめですね
 今回のお道具はこれくらいしか...ちょっと時間が
 経っちゃいました。
 
※席主の先生はとてもお道具についての知識が深くていらして、いろいろなお話をして
 くださいました。お話を楽しめるくらい、いろいろな風情のわかる茶人に
 なりたいな~と、改めて感じました。
Hanamyouga_2 花みょうが(google画像検索)
Photo_2 南蛮きせる(Google画像検索)

« ゆかた茶会報告と、お菓子暦♪ | トップページ | 結帛紗花月(更好棚) »

コメント

私も記憶があいまいですが、
お灰は遠山だったかしら?
広間が二文字だったような。

あとお菓子は市川の若柳さんでした。
復習はすぐが大事ですね。

>復習はすぐが大事ですね。

本当です...失礼いたしました。m(__)m
感動は熱いうちに書け! でがんばります♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出♪お茶会第二弾:

« ゆかた茶会報告と、お菓子暦♪ | トップページ | 結帛紗花月(更好棚) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ