« 2013年夏期講習会に行きました(1) | トップページ | ゆかた茶会報告と、お菓子暦♪ »

2013年夏期講習会に行きました(2)

ことしの夏期講習会、2日目の日曜日に
参加しました。
記事「~行きました(1)」に続いて、午後からの内容を
メモしたいと思います。

◎行之行台子(副会長の舞台)
 待ちに待った...台子のお点前
 まるで計ったように、毎年、これから教えていただくお点前が
 講習会の舞台で披露されるのって、すっごく不思議♪
 ...で、台子はとってもたくさんの所作からできているので、
 別記事にて紹介いたします。お稽古編も含めて...

◎茶杓を拭く(おさらい)
 教場長先生がご教授くださいました。PCでパワーポイント
 とか使いながらご講義♪ご説明もとても噛み砕いてくださり
 わかりやすかったです
 ※茶杓を上手に拭くには、帛紗を左手にぴったり添わせるように
  するとよい。そのよい形を得とくするには、よい形で拭いた手を
  そのまま開いて、どんな形で手のひらにのっているかを観察。
  帛紗をたたんだら、その「よい」形で手のひらにのせるように
  注意すると、うまくふけるようになるようです。
 ※平点前等では、帛紗で3回拭くが、そのタイミング(スピード)が大切
  一度目:帛紗のタタミ目奥の方で拭く。すぅぅぅ。ゆっくり。
  二度目:茶杓の両脇を帛紗の端で下から、節まで拭いて
       飴をねじるようにぐ~っと帛紗を左横にねじってカイ先まで
       拭く。すぅぅっ。一度目より少し早め。
  三度目:一と二の間(帛紗の真ん中)で軽く拭く。すぅぅ。
  ⇒帛紗はしっかり四指の先まで意識してしっかり持つ。
   節では帛紗を持つ親指を少し緩めるだけ。節を超えたら
   またしっかり帛紗を持つと意識する。
 ※カイ先まで拭いたら拭きぬくのではなく、左横に帛紗をはずして
   茶杓脇をつかず離れず、拭き始めの位置まで戻る。
   ...これ、いつも先生から教わっていることだな~と再確認...
 ※茶杓は、左手親指のハラで押す...とテキストとかに書いてあるが
  この「ハラ」とは、親指先のハラだけではなく、親指の根元から全部
  の「ハラ」のことだそう。
Te2 この青い部分がそれ...

 
◎茶杓飾り点前
  小習の茶杓飾り、濃茶の点前をWd先生が舞台で♪
  憧れの大先生の舞台なので、とても楽しみにしておりました。
  期待以上に流れるような所作で、踊りの舞台のように華やかに
  しっとりと見えました。
  点前の前に、ポイントをしっかり教えていただけました。
 ※陰の所作で、水指、茶入を置き、点前に使わない茶碗に茶巾+
  茶筅を仕組んで持ち出し(これも陰)、水指前に座って膝前に
  これを置き、茶筅は茶碗右へ仮置き。茶巾を水指蓋に乗せ、
  茶杓を45度の角度で飾る(結び目向こう)。茶碗は持ち帰る。
  ⇒つい忘れちゃう...穂だしのときは結び目向こう、仕込みのときは
    結び目が上を向くように仕組む。
 ※茶杓飾りの時には、水指蓋は共蓋でもよい。
 ※古帛紗に載せた茶杓を左手のひらにのせ、右手で古帛紗と
  茶杓をささえて運び、水指右へおく。このとき、カイ先よりも
  おっとり側が古帛紗から出るようにするのがよい。
 ※点前をする茶碗に、仕服に入った茶入れを入れて
  そのまま水指前に飾る。
 ※建水の持ち出しからが、客前でのお点前になる。
  柄杓をひいて、総礼するときに、正客から「珍しいお飾りですが
  ご趣意をお聞かせください」と挨拶があれば「前席に飾った茶杓を
  初づかいしますので茶筅を改めました」と答える。
  (もっと丁寧におっしゃっていたようでしたが...概要...)
  このときの「初づかい」とは「披露する」という意味があるそうです。
 ※お茶を飲み終わって、拝見して、茶碗を戻しに来たお客様が
  自席に戻ってから、亭主は茶碗を取り込んでおられました。
 ※お仕舞いでは、茶杓の片付け方として、古帛紗を出し、建水を
  引き、帛紗をたたんでから(茶入れ上から)茶杓を取って拭き、
  古帛紗上へ最初のようにかざります。
 ※拝見は、水指が下がってからするようです。
 ※拝見品を持ち帰るとき、大切な茶杓は下へ置かないように
  キヨウ扱いをします。仕服をたてに持って(紐が左)その上に
  茶杓を載せます。茶道口で挨拶をするときには、茶入れの
  横に、仕服にのせたままの柄杓をおきます。
 濃茶、いろいろ忘れていることあり。時々おさらいしなくっちゃ...

◎麗澤棚(りたくだな)点前
  麗澤棚は、仙翁会長が考案されたお点前だそうで、立礼の
  お点前に用いられます。扇形のように広がった大きな棚の
  点前席から見て右に釜、左に水指を。二つの水を二つの澤と
  みなす。中国の古典から、麗澤:二つの澤がお互いを潤しあう
  こと。すなわち、学友が学び合う様を言うとのこと。
 ※麗澤棚では、茶碗、水次、拝見等は棚に向かって左側から
  (お点前さんが)出入りし、建水の出入りは向かって右側からする。
 ※総礼などの挨拶は、全員で立ち上がってする。
 ※お点前は、普段より体を起こしてすると、堂々と見えてよい。
 ※茶碗をしまっておく棚もあるので、正客へお茶をたてたあと、
  次客用の茶碗を出して、お茶を点てる。全体には、重ね茶碗と
  同じような対応となる。
 ※大寄せの茶会などで、まだ茶を飲んでいるときには、挨拶時に
  立たなくてもよいとのこと。
 お茶会では、何度か「麗澤棚」のお点前でいただきましたが、お点前
 はざっくりとした流れしかつかめませんでした。細かな技が、そこ
 かしこに隠れているような「近代的(?)」なお棚だなと思います。

こうして、とても充実した講習会が終了し、帰路につきました。
お散歩しながら帰ったことは、前回の記事に書きました。
来年の講習会のあと、いつも会場となっていた「日本青年館」が建替えと
なるようで、来年の講習会が、いつもの会場での最後となるようです。

少し寂しいような気がしますが、もう既に、来年の日程が決まっていたのに
びっくりしました!来年は8月最初の週末

« 2013年夏期講習会に行きました(1) | トップページ | ゆかた茶会報告と、お菓子暦♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年夏期講習会に行きました(2):

« 2013年夏期講習会に行きました(1) | トップページ | ゆかた茶会報告と、お菓子暦♪ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ