« 平点前...お茶会に向けて | トップページ | 茶箱点前~雅の式~ »

茶箱点前~風の式/おしまい/拝見~

茶箱点おしまいの手順

隠れ家茶室でお稽古したときは、春の初めの雨の中。
お庭はしっとりと...葉っぱたちがつやつや元気です。

お花は先輩がお持ちくださり
2部屋に分けて飾りました。
今発表するのでは、少し時期がずれちゃいますね...

1336784526754
小判草、都忘れ(白、紫)

1336784609260
海老根、紫蘭、つる日日草

さて、だいぶ時間が経っちゃいましたが、
茶箱のお仕舞いの部分をおさらい。

(以下、拝見のない場合)
・「おしまい」がかかったら応じて、右脇にある古帛紗は大帛紗の
 左上角にもどして、茶筅を茶碗に入れてから帛紗を とって鉄瓶の
 お湯を茶碗に注ぎ、茶筅すすぎ。
・茶筅の柄を手前にして茶碗に仮置き、右手で茶筅筒を
 とり、左手に持たせ、右手で茶筅をとって筒に入れ、左て
 指で後ろから引いて茶筅筒に納め、右手で筒を上から
 持って茶箱に納める。
・お湯を捨てて茶碗を茶巾で拭いて茶碗を下に置き、右手
 で巾筒をとって左手に持たせ、茶巾をくるくるとまいて納め
 右手で茶箱に納める。
・帛紗をたたみ直して茶杓を拭いて元の位置へ戻し、帛紗を
 建水上ではらって元の位置へ戻して建水を引く。茶杓の袋を
 右手でとって左手に持たせ、左手人差し指で袋の先の結び目
 をピンと開き、茶杓を納めて茶杓のあった位置へ置く。
・棗の袋をとって左手の上へ広げ(右小指以外の4指を
 使ってひろげ、棗を納め、右手で茶碗をむこうへ勧めて
 茶碗のあった位置へ棗を置く。
・棗の袋の緒を結んで、袋ごと茶碗に入れる。茶碗の袋を
 取り出して両手でおお帛紗の中央へ広げて、茶碗を
 (左手を添えて?)袋の中へ入れて袋を結んだら、右手で
 向こうとこっちを少し斜めに(肘からはまっすぐな感じ)持って
 左手を添えて茶箱の中におさめる。
・菓子器を右手でとってあしらい、箱の中の元の位置に戻す。
・茶杓、古帛紗ものせる。帛紗は右でとって左手に預け、大帛紗
 を開いたのと逆回しに八つ折にたたみ、箱にしまう。

・帛紗を右手に持ち替えて、鉄瓶の蓋を切る。そのまま八つ折にたたみ
 なおして箱に収め、蓋をし、その手で茶箱の下側を(畳みに平行に)
 持って正面に直す。
・建水を引いて、次に箱を持ち帰って茶道口に斜めにおいて、
 一礼にて終了♪

別の先輩が、お菓子を作ってきてくださいました。黄身時雨。
なんともやさしい味わいです

1336785718847 

今回は予想外にお稽古することができ、茶箱「風の式」をさせて
いただきました。前回、お茶をたてる部分まで記事にしました。
今回の記事では、お茶碗をとりこんでからおしまいまでを♪

ちなみに、前回の記事に多々まちがいがあり、
さっそく修正しました。

ご容赦ください m(__)m

« 平点前...お茶会に向けて | トップページ | 茶箱点前~雅の式~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶箱点前~風の式/おしまい/拝見~:

« 平点前...お茶会に向けて | トップページ | 茶箱点前~雅の式~ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ