« 秋のはじまり | トップページ | 茶通箱点、ことはじめ(1) »

台天目のおさらい...覚書

昨年12月頃から、中伝のお点前を始めました。

110910_095936

入門して小習いをひととおり 教えていただいたあと
炉の季節に、まず唐物から中伝が始まりました。

初歩から一歩進級...♪といったところでしょうか ...(^^;

Img_0737

唐物(炉)をさせていただき、台天目(炉、風炉)、盆点とご指導いただき
少しだけ中元というものの入り口が見えてきた気がしています。
(多分自己満足...)
半年以上練習はしてきましたが、進歩しているのかどうか...
自分にはなかなか見えないものです

お茶を始めるまで、とにかくこだわらず、粗雑に楽に生活してきた私...
「丁寧に」「指の先まで気持ちをこめて」動くこと...今更ながらなかなか
うまくいきません。今でもロボットのような動きになっているような...

不思議なもので、同じお点前を何度も何度も繰り返して、
飽きないものかと思っていましたが、これがまた不思議と毎回新鮮なんです
毎回、どきどき・わくわく 緊張しながらとっても楽しい。

さて、今回は少し前にやった台天目点前、忘れないように
まとめておこうと思います。

Img_1503

【台天目(風炉)】

☆準備☆
 水指には塗蓋、天目茶碗、台、茶杓は象牙などの真のもの
 茶筅は天目茶筅(小ぶり、穂が短い)、建水は曲げ、茶入は和物
 水指前に茶入、台天目を飾っておく。

☆手順と特徴☆
・襖前に建水を置き、襖をあけ、手をついて挨拶。
・入って襖を閉め、真に歩いて点前座につく。
・柄杓は音なしに引いて一礼。建水を進める。
・天目台に左横、右手前と手をかけ、膝前遠くへおき、
・茶入を台と膝の間に取り込み常と同じ扱いで仕服を脱がせ
 唐物⇔常 の間あたりの位置へ置く。
 (四方捌きにて)拭き、茶入れは水指前左へ。
・帛紗を畳みなおして茶杓を真に拭き(清拭き)、茶入上へ置く
・茶筅を茶入と並べ、水差しの蓋を帛紗でぬぐい
 茶巾を置き、釜の蓋をとって、帛紗は膝前。
・お湯を少し汲んで、茶碗に左手を沿え、茶碗にお湯を。
・(多分)ここで帛紗を腰につける。
・茶碗は右手⇒左手と添えて持ち上げ、小すすぎを
 してお湯を捨て、右手で露切りし、台にのせる。
・お湯をくんで(左手は必ず添える)、茶筅を入れ、
 茶碗を(右手⇒左手)手を添えて持ちあげ、小板前左三分の一
 のところに仮置き。
・帛紗を真に畳んで、台を拭いて、帛紗は腰につけ、
 茶碗を左手の平にのせて茶筅湯じを音なし3回し、
 茶筅を戻し、茶碗を温めて茶巾を右手でとって、お湯を
 捨て、茶巾で露を切って茶碗を拭き、茶巾は茶碗に
 入れて茶碗は台に戻す。
・茶巾は釜の蓋の上に置く。
・茶杓、茶入と持って蓋を開け、常のように茶を入れ、
 茶杓は仮置き。茶入の口を拭って蓋を閉め、茶入を
 戻して、茶杓で茶を広げ、茶碗の内側手前の方で
 茶杓かい先を打ち、茶杓は茶入の上へ置く。
・お湯をくんで茶を立てます。左手はほおづきを持って
 茶碗を支える。茶は常と同様に点てる。
・できたら天目台を取り上げて客付斜めへ持って回り
 左手向こう、右手前で90度づつ2回回して、常よりやや
 高く出し、一膝下がって手をついて敬意をあらわす。

 ◆お茶が出ます◆
・客が一口飲んだら、服加減を聞き、水を一杓さして茶碗を待つ。
・茶碗を取り込んで、点前座に戻り、膝前において総礼。
・天目をすすぎ、湯を捨てて露切り。「おしまい」の挨拶を
 受けて茶碗に水を入れて、茶筅すすぎ。音なし3回茶筅調べ。
・茶筅を戻し、茶碗を持ち上げてすすぎ、右手で茶巾を
 取り上げて水を捨て、茶巾で露切り、茶碗を拭いて
 茶巾は茶わんに入れて茶碗を両手で台に戻し、
 茶巾はふくだめ直しをして茶碗に入れ、茶筅をのせる。
・茶杓を取って、建水をひき、茶杓は真に拭いて拭き戻し、

 帛紗をはらってそのまま左手に乗せて、もう一度ぬぐう。
・茶杓は茶碗にのせ、帛紗は腰につける。
 茶入れを右によせ、天目台は茶入左へおき合わせ、
 水を釜に入れて釜の蓋をし、水指の蓋を閉める。
 ◆拝見◆

・ここで、正客から拝見の挨拶があります。
・柄杓を建水にかけ、蓋置きを建水後ろに置き、
 茶入を膝前に取り込んで、天目台に手をかけて
 水指前中央に置き、茶入を持って客付斜めに回る。
・帛紗を四方さばきにし、草にたたんで茶入を拭き、
 手いざに出す。茶杓、仕服を出す。
・建水、天目台の順にひく。

☆割り稽古☆
 茶杓を真に拭く+清拭き、天目台の拭き方(真の帛紗捌き)、
 茶碗・天目台への手のかけ方、茶碗・天目台の持ち方・拭き方、
 茶碗へお湯を注ぐときの左手、真の歩き方、手のつき方、

Photo

なんだか、ざっくりすぎて要領を得ない
概要になってしまいましたか
...

しばらく練習していないと、やっぱり所々
忘れてしまっている気がします。うちで
おさらいできるといいんでしょうね。
とりあえずはイメージトレーニングにて ♪(o ̄∇ ̄)/

« 秋のはじまり | トップページ | 茶通箱点、ことはじめ(1) »

コメント

水指は曲げを使用します。

コメントありがとうございます、反応遅くてゴメンナサイ。

勉強不足で、申し訳ありません。
ご指摘どおり、建水は「曲げ」とテキストにも記載あります。
さらに、勉強させていただきます♪

お読みいただき、
ご指摘いただき、本当にありがとうございます。
感謝いたします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台天目のおさらい...覚書:

« 秋のはじまり | トップページ | 茶通箱点、ことはじめ(1) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ