« 茶道に親しむ会(7月お稽古)...お盆を使ったお点前(3) | トップページ | 茶道に関する本 »

夏期講習会に行ってきました

日曜日に神宮球場近くにある『日本青年館』というところで
毎年恒例の【大日本茶道学会 第93回 茶道夏期講習会】が
開催され、Y先生とご一緒させていただきました!

Photo

今年も大ホールいっぱいの参加者があつまりました!
内容については撮影できないようですので、開幕前の
景色だけ...  まずはご覧ください
(ちょうど1階席のド真ん中あたり、み易いお席でした) 

Photo_2

今年は2日目の25日に参加しました(上の写真はチケットと
いただいたオヤツ♪)

内容は以下でした。

 午前:
  一.七事式 遅月を学ぶ
  二.麗澤棚の活用

 午後:
  三.台子十二伝 草之真行
  四.小習 茶筅飾り(濃茶)左勝手の場合
  五.中伝 盆点の要点
  六.七事式 新茶カブキ

Photo_3

まだまだペーペーの私には、ちょいと高度な内容でしたが、
特に印象にのこったことが3つありました。

まず、最初の「遅月」の舞台に、お話をしたことのある先生方が
何名か出演されており、思わず「あ~~っ、知っていいる方々が!」
と叫んでしまいそうになりました。花月などに比べるとより複雑で
したが、要所要所で「スロー再生」のような方法で初級者向けの
解説をしてくださって、わかりやすかった(覚えたかは聞かないで~)
です。

次に、中伝 盆点の要点」です。盆点前のためのお盆の扱い
についての割り稽古だったようですが、出演されたW先生の所作の、
なんと美しいこと...
 ・ お盆を持って、位置をちょっと変える
 ・ お盆の向きを変える
 ・ 袱紗をたたんでお盆を拭く

それだけだったように記憶しておりますが、なんだか天女様の
動きのように見えたのは、わたしだけでしょうか...(イチコロでした)

3つ目は、「七事式 新茶カブキ」を始めて見たこと。
本部の男性研究科の方々(男性8名くらい)がなさった、
要は濃茶のテイスティングゲームのようなものです。
達人!といった風の5名のお客様方が、5種類の濃茶を
それぞれテイスティングして、銘を当てるらしいのです。
半東さんが淡々と準備を進め、亭主役の方が淡々と濃茶を

練り、お客様方た淡々と飲み、それを書記役の方が淡々と
記録する... 雅な風情のある遊びだな~と、その昔に
思いを馳せました。女性の先生方の華やさとは対照的に、
重厚な趣のある舞台(?)でした。

さて、毎年会場ではたくさんの書籍やお道具が
販売されており、お昼休みに見てみました...

茶入れ(肩つき)をいくつか見たのですが、サーモンピンクの
仕覆にからし色の紐の...結構素敵だったな

会場では、仙堂副会長さんの最新著「茶の湯名言集」文庫
などが大人気。閉会のご挨拶でひとこと紹介されて、
面白そうだったので、私も購入してまいりました...

このあと、別記事にて、茶道に関して最近読んだ本などを
ご紹介いたしたく...

※いろいろあって、発行が遅れてしまいました...

たくさんのお点前が拝見できる、正しい(美しい?)所作を
解説を受けながら拝見できる機会は、とても貴重な体験だと
思います。

よい影響をたくさん受けて、飛躍的に成長!な~んてことが
奇跡的に起きることを祈って...いえいえ、精進精進っ  

« 茶道に親しむ会(7月お稽古)...お盆を使ったお点前(3) | トップページ | 茶道に関する本 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏期講習会に行ってきました:

« 茶道に親しむ会(7月お稽古)...お盆を使ったお点前(3) | トップページ | 茶道に関する本 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ